• 雇用ワーキンググループの提言

    Posted on 2013年6月18日 by admin in News.
    政府の規制改革会議の雇用ワーキンググループは、
    正社員より雇用しやすい「限定正社員」を増やすルールづくりや、派遣労働の規制を大幅に緩和する。
    正社員中心の働き方を崩すことで、会社が雇う人を増やしたり、減らしたりしやすくし、経済活動を活発化する。
    ◆「限定社員」の拡大
    職種や勤務地が無くなれば解雇できることを明確する。
    転勤を伴う正社員で働きにくい女性の就労を促す。
    ◆派遣労働規制の大幅緩和
    派遣を使うルールを「業務ごとに最長3年」から「労働者ごとに最長3年」に変更
    同じ労働者でなければ、いつまでも派遣社員を使える
    ◆裁量労働制の拡大
    いまは特定の業務に限られているが、対象業務を広げる。
    導入手続きも簡単にして、使い勝手を良くする。

    Koyou201306-2

Comments are closed.